検索フォーム

現在地

電気設備を安全にご利用いただくために

思わぬ事故を防ぐために

ちょっとした不注意から起こる電気の事故。コンセントやコード、電気機器の使い方次第で事故を防ぐことができます。下記のようなことに注意してください。

タコ足配線、していませんか?
コンセントやテーブルタップには、それぞれ最大定格容量(使える電気の量)が決まっております。最大定格容量を超えて電気を使用すると加熱し、火事になる危険があります。最大定格容量を確認し、用途にあわせて購入、使用するようにしましょう。
トラッキング現象をご存知ですか?
差し込んだままのプラグとコンセントの間にホコリがたまり、湿気が加わると、火災の原因になることもあります。これがトラッキング現象です。冷蔵庫・テレビ・洗濯機など、長い間差し込んだまま使っているプラグは、ときどき乾燥した布などで掃除しましょう。
漏電の危険性とは?
電源コードなどは電気を通さない素材で覆われていますが、経年劣化などで被覆が剥がれたり、水がかかったりすると電気が外に漏れ出すことがあります。これを漏電といい、感電や火災などの事故の原因となります。
専用コンセントを使っていますか?
エアコン・電子レンジ・電磁調理機器などの消費電力が大きく決まった場所で使う電気機器は、専用のコンセントを用意すると配線用遮断器が切れにくく、使いやすくなります。
アースをつけていますか?
洗濯機など水を使う機器から漏電すると感電の危険があるので、必ずアースをつけて危険を回避するようにしましょう。
日ごろから地震への備えを
テレビや冷蔵庫などの大型家電は固定するなど倒れない工夫をしてください。また、テレビやオーディオは水がかかって発火することもあるので、花びんや水槽などをそばに置かないようにしましょう。 避難する時には、部屋にある分電盤のブレーカー・遮断器を「切」としてください。また、エレベーターには乗らないようにし、切れた電線、あるいは切れた電線が接触している樹木・看板・アンテナ・自転車などには、絶対に手を触れないでください。

電気が使えなくなった場合

まず、分電盤をご確認ください。

▼全ての遮断器・ブレーカーが入っているが電気が使用できない場合

●近隣の建物等の電気も消えている場合
 電力会社の配電線の停電が原因と考えられます。
 電力会社が送電を実施次第、電気が使えるようになります。

<各電力会社の停電情報は下記ホームページをご覧ください>

北海道電力
東北電力
東京電力
中部電力
関西電力
北陸電力
中国電力
四国電力
九州電力
沖縄電力

お住まいの部屋またはマンションのみが停電している場合は、カスタマーセンターへご連絡ください。


●停電と自動復旧を繰り返す場合
 電気を使い過ぎていることが考えられるため、電気使用機器を減らしてください。
 スマートメーター内部のブレーカーは作動した後、10秒後に自動復旧しますが、複数回連続で停電すると自動復旧しなくなります。
 復旧しない時はカスタマーセンターへご連絡ください。

▼漏電遮断器が切れている場合
住戸内で漏電が発生している場合があります。
問題のある回路を確認しますので、カスタマーセンターへご連絡ください。

▼配線用遮断器またはアンペアブレーカーが切れている場合
①電気を使い過ぎていることが考えられるため、電気使用機器を減らしてください。
②遮断器またはブレーカーのレバーをカチッと固定されるまで「切」側に倒し、完全に「切」の状態としてください。
③遮断器またはブレーカーを「入」にしてください。(②の操作をしないと「入」にすることができません)
④上記手順を実施しても電気が切れてしまう場合は、操作を中止し、カスタマーセンターへご連絡ください。

<夜間の場合の問い合わせ>

停電や故障の場合は、まず、カスタマーセンター(0120-33-0057)にかけ、ガイダンスに従って操作(ガイダンスを聞き終わったら「3」を押す)すれば、「設備保守の受付窓口」につながります。夜間でも「設備保守の受付窓口」で対応いたします。(24時間年中無休)

電気の使い過ぎが原因で頻繁にブレーカーが切れてしまう場合

契約容量を変更していただくことで解消できる場合がありますので、カスタマーセンターへご連絡ください。